5月12日はME/CFS世界啓発デーです。

2013年に始まったME/CFSの啓発カラー、ブルーでライトアップしようという世界イベントに、2014年に日本の団体としてCFS支援ネットワーク(当時は慢性疲労症候群の理解を広める会)が初参加。

青森市のランドマーク、「アスパム」をブルーライトアップしました。

ブルーにライトアップされたアスパム、ご当地キャラたちの応援、そして全国各地から届いた素敵なメッセージ、イラスト、写真をどうぞご覧ください。